シティーサイクルとファミリーサイクルの違いについて
当店では一般車の中でも、シティーサイクルとファミリーサイクルに分類分けしています。

シティーサイクル
主に通勤や通学に向いている自転車。フラットハンドル(T字ハンドル)のものは前傾姿勢になることで、漕ぐ時に力が入りやすいのが特徴です。主に片足スタンド。

ファミリーサイクル
主にお買い物などの普段使いにおすすめ。ゆったりと楽な姿勢で走るすることができて、性別を選ばないスタンダードな自転車です。主に両立スタンド。
自転車のサイズについて
身長とサイズ
自分は何インチの自転車に乗るべきなのか、悩むところですよね。
一般的なサイズはやはり26インチの自転車。女性の方でも男性の方でも乗りやすいスタンダードなサイズです。
27インチになると小柄な女性は少し大きく感じるかもしれません。
商品詳細ページ内の適正身長欄では、だいたい150cm前後〜と記載させていただいていますが、
見た目にも、漕ぎやすさからみても、27インチ自転車は160cmくらい身長があった方がいいかと思います。
だからといって、小さいものを選びすぎると、漕ぐ姿勢が窮屈になりすぎるので、そこも注意が必要ですよ。

ひと漕ぎで進む距離
インチサイズが大きい方が、ひと漕ぎでスイスイ進みます。
ですが、漕ぎ出しが少し重たくなるので、坂道が多い場所にはあまり適していないかもしれません。
どうしても・・・という方は変速機付き自転車を選びましょう。
反対に、インチサイズが小さいものだと漕ぎ出しが軽いので、女性の方や年配の方にもオススメですよ。
スタンドの違いって?
ファッションサイクルには大きく分けて両立スタンドのものと片足スタンドのものがあり、材質も比較的値段が安いメッキと少し高めのステンレスがあります。

両立スタンド
安定感ある両立スタンドですが、立てるだけでロックがかかるオートロック機能が付いたものや、テコの原理で軽い力で立てられる「軽っこスタンド」など種類は様々。 特に子乗せを取り付ける場合はワイドスタンドを取り付けるようにしてくださいね。

片足スタンド
シティーサイクルやスポーツバイクに多く見られるスタンドです。 省スペースという利点はありますが安定性は両立スタンドに劣ります。両立スタンドに変更したいという方はお気軽にご相談ください。
※外装変速用、シングル用など取付けられるスタンドは自転車により異なります。
リアキャリア(荷台)の強度
リアキャリアによって強度が変わります。その表記は「クラス18」や「クラス25」といった数値が書かれたものですが、 この数値こそズバリそのキャリアの最大積載荷重(kg)。
そして、その数値が一番影響がでるのがリアチャイルドシートを取り付ける場合です。 必ず「クラス25(最大25kg)」以上のリアキャリアに取り付けるようにしてください!
なお、スポーツ車用のシートポスト(サドル下の棒)に取り付けるタイプのものもありますが、 強度が弱く、またサドルの高さが必要となるため、ほとんどの一般車に取り付けができません。
チャイルドシートを取り付ける場合
ママの強い味方のチャイルドシートですが、適応年齢は一般的なものでフロントは1歳以上4歳未満、
リアは1歳以上6歳未満のお子様とされています。
そして、日本一のシェアを誇るブランドが「OGK」。安心の日本製かつ安心設計がうれしいですよね。
自転車の多くもこの規格に合わせた造りなので迷ったらコレです。
※チャイルドシートを取付ける場合は、安定感あるスタンドと、充分な強度のキャリアがついているか必ずご確認を!
ライトの違いって?
タイヤの摩擦でライトを点灯させる「ダイナモライト」と暗くなると自動で点灯する「オートライト」があります。
オートライトはダイナモライトと違いタイヤの摩擦を必要としないので、漕ぐ力が変わらないのが特徴。また点け忘れの心配がなく、お子様や女性の方には嬉しい機能です。
最近ではダイナモ、オートライト共にLEDが使われているものが多くなっているので電球の寿命も長くなりました。
※スポーツタイプには基本的にライトは標準装備されていません。ライトを付けることは法律で義務付けられているので、自転車購入時は忘れすにご準備を。
ブレーキの違いって?
前輪は、ブレーキシューをタイヤリムに当てて止めるキャリパーブレーキが一般的です。 ブレーキシューは長く乗っているとすり減るので定期的にチェックをしましょう。
そして違いがあるのは駆動輪である後輪のブレーキ。 種類は様々で書ききれませんが、当店の一般車の多くは以下のブレーキが使われています。

カンティブレーキ(カンチブレーキ)
ブレーキシューをタイヤリムに当てて前輪を止めるタイプ。 比較的音鳴りがしやすい。

サーボブレーキ
ブレーキ部分を覆っていて雨や泥の影響を受けにくいので カンティブレーキより音鳴りがしにくい。

ローラーブレーキ
一般車では主流のブレーキ。 こちらもブレーキ部分を覆っているので雨や泥の影響を受けにくい。 金属製のブレーキシューをドラムの内側に押し付けて止めるタイプ

Vブレーキ
スポーツ車に近いモデルに採用しています。 カンティブレーキのようにブレーキシューをタイヤリムに押し当てるタイプですが制動力が高いのが特徴です。
BAAは安心の証
「安全・環境基準適合車」。ブレーキ制動性能、フレームの強度、駆動部の強度など細かくチェックされ、 安全基準をクリアした自転車のみに貼ることが許されるステッカーです。
だから長く愛用したい方や、ご家族の安全性を第一に考えるならBAA適合車がオススメ。
その車種はスポーツ車、シティ車、折りたたみ車、幼児車電動アシスト自転車等様々ですが
特に、3人乗り(幼児2人乗り)をご検討の場合は、「BAA幼児2人同乗用自転車」の適合車をお選びください。
防犯登録は絶対必要!
防犯登録することは法律で定められているので自転車購入時は、必ず当店かお近くの自転車販売店にて防犯登録を行なってください。 なお、メーカーが行っている盗難補償や保険は防犯登録をしていないと受けられません。
※盗難補償はメーカーが行っているサービスのことであり、防犯登録とは異なります。
ステンレスは錆びない?
ステンレスは錆びない…ことはないです。正確に言うと“錆びにくい”が正解。
金属の表面に薄い膜を貼って酸化を防いでいるのですが、 塩分などによりその膜が剥がれてしまうとさびてしまいます。
ですので海に近い地域の方は特に要注意ですね。
ヘルメットは必要?
2008年6月の道路交通法改定により、幼児を乗せる場合や子供が一人で乗る場合(13歳まで)はヘルメットをかぶせるように”努めなくてはいけない”という規定が定められました。
これは努力義務なので、実はかぶっていなくても法律違反ではありません。
ですが、断言できます。絶対に着けた方がいいです!!子供を同乗させることをお考えならなおさらです。
とはいえ、街で見かけるほとんどのママはきちんとヘルメットをかぶせていますよね。ほんと素晴らしいです。





Copyright © Daiwa Co.,Ltd. All Rights Reserved.